アスロングの髪が伸びる秘密 キャピキシルとは

アスロングは髪が伸びると話題のシャンプー&トリートメントです。

アスロングの髪が伸びる秘密はキャピキシルにあります。

キャピキシルはどのような成分なのでしょうか?

 

キャピキシルはどんな効果があるの?

キャピキシルは、「アカツメクサ花エキス」と「アセチルテトラペプチド3」が組み合わさった天然由来の成分です。

キャピキシルは、脱毛ホルモンが毛根を衰退させるのを抑制し、毛根を回復させることで発毛を促します。

つまり、キャピキシルは、

    ・脱毛を抑制する
    ・頭皮環境を整え、発毛を促進

発毛に有名な成分でミノキシジルという成分があります。ミノキシジルは、毛母細胞の活性化による発毛で有名ですが、キャピキシルはミノキシジルの約3倍も発毛効果があると言われています。

キャピキシルがたっぷり含まれるアスロングが発毛効果を感じる秘密ですね。

アカツメクサ花エキス

アカツメクサはマメ科の植物で、薬用ハーブとして使われてきました。

アカツメクサの花エキスには、「ビオカニンA」という成分が含まれており、男性の抜け毛を促進するDHT(男性ホルモン)を製造する酵素(5αリダクターゼ還元酵素)を阻害して、DHTが作られないようにします。

アセチルテトラペプチド3

アセチルテトラペプチド3には、細胞を回復させる作用をもちます。

アセチルテトラペプチド3は、毛母細胞復元に力を発揮。

頭皮環境を整え、発毛を促します。

キャピキシルの安全性

キャピキシルは天然由来の成分であるため、発毛薬品のミノキシジルなどのような副作用はありません。

ちなみに、医薬品である

ミノキシジルは、低血圧や吹き出物の可能性

フィナステリドは、性欲減退の可能性

などがあります。

その点、キャピキシルは薬品素材では無いため、副作用の心配は無いと言われています。

わずかですが、初期脱毛やアレルギーの可能性はわずかになります。

初期脱毛

初期脱毛とは、乱れたヘアサイクルが正常化され、古い髪を押し出され、新しい髪が生えてきます。

簡単に言えば、脱毛が増えるということです。

髪が生える前兆ですので気にする必要はありませんが、4ヶ月たっても症状が変わらない場合は、使用を中止して医師の診断を受けましょう。

アレルギー

アスロングは敏感肌の方でも使えるようになっていますが、アレルギーをお持ちの方は何らかの成分に反応する可能性があります。

こうした症状がでましたら使用を中止し、医師の診断を受けることをオススメします。

キャピキシルは天然由来の成分ですので、基本は副作用はありません。

想定される副作用の事例をご紹介しましたが、通常は問題ありませんので、薄毛に悩む方にアスロングはオススメです。