男性と違う女性の薄毛対策
薄毛対策というと男性のハゲを連想しますが、女性は男性と薄毛の原因が異なるので男性と同じ対策では効果が出ません。

髪が減ってきて、ボリュームが寂しいという女性向けに、女性の薄毛の原因と対策についてお伝えします。

女性の薄毛のメカニズム

髪は女性の健康状態をを薄し出す鏡です。

女性の薄毛は男性の症状と原因が異なりますので、その仕組みを見ていきましょう。

男性の薄毛の特徴

男性に起こる薄毛は男性ホルモンの一種であるDHTが毛根に働きかけることが原因で脱毛が生じ、頭のつむじあたりとか、おでこが広くなるなどはっきりわかる脱毛が起きます。

これを男性のAGA(Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」)と呼びます。

女性の薄毛の特徴

女性の薄毛は、男性のAGAのように脱毛状況が明確で無く、髪全体が間引いたようになり、髪の毛も薄く細くなっていきます。

脱毛の状況は更年期がひとつの境目となり、髪全体のボリュームが減少します。

女性の場合は、「FAGA(Fstrongale Androgenetic Alopecia(女性男性型脱毛症)」と呼ばれています。

FAGAは女性の薄毛の原因のナンバーワンとなっています。

FAGAの原因

FAGAは現代の女性に多く見られます。

その原因と発症メカニズムは女性特有のもので、主に以下の原因があります。

加齢

FAGAによる薄毛は、更年期を境に増加します。
加齢により細胞の衰えが生じ、頭皮や毛髪も老化によって血流が悪くなり、脱毛が生じます。

女性ホルモンバランスの乱れ

女性は、女性ホルモンの働きによって毛髪が守られており美しい髪でいられますが、現代女性のライフスタイルの変化で、女性ホルモンバランスの乱れが生じています。
女性ホルモンが減少すると、髪が伸びるのが遅れたり、女性にもある男性ホルモンが脱毛作用を起こしたりします。

ホルモンバランスの乱れの主な原因は、

  • 加齢による卵巣機能の低下
  • 過度なダイエットや食事の乱れ
  • ストレス
  • などがあり、特に、加齢による卵巣機能の低下は、閉経に向かって女性ホルモンが減少するためすべての女性に当てはまります。

    ストレス

    働く女性や若い女性にも当てはまるのがストレスです。
    ストレスを受け続けると副腎皮質からストレスホルモンが分泌され、その影響で頭皮の状態を悪化させてしまいます。

    若い女性が薄毛になる場合は、ストレス性を疑って下さい。

    女性の薄毛対策は頭皮環境改善から

    女性ホルモンバランスの乱れによる薄毛は、頭皮環境改善が最初のステップです。
    女性ホルモンバランスが乱れているときは、自律神経も乱れるので、頭皮が脂っぽくなり、血流も滞っています。

    このため、女性専用のシャンプーで、頭皮の汚れを落とし頭皮を清潔にするとともに、髪の成長に必要な栄養を補給すると頭皮環境が改善します。

    皮膚のターンオーバーは約45日ですので、3ヶ月以上症状が改善しない場合は、皮膚科の専門医を受診するのもよいでしょう。
    この場合、内服薬と外用薬での治療となります。

    強い薬で副作用の可能性もありますので、必ず皮膚科の専門医の指導の下で治療されることをお勧めします。